もとより写真の事なんてなにも知らない素人ですのでへたくそな限りですが、、庭などでとった写真。
猫とパソコンに夢中になる前は、花に夢中でした。今ではひどく荒れ果ててしまいましたが、昔の我が家の庭の記録です。
カメラは、カシオのQV2800。それかオリンパスKISSのスキャナー読みとりです。

ひなたぼっこしてるんではありません。ひたすらスリスリ。
庭に出ると、ごろごろとからだを地面にこすりつけます。

2002年3月。え…ここ、どこだ?と自分でもしばしわからなかった。今ではパンジーの右に植えたローズマリー(ここではほんの数本の小さな株で映ってる)が、およそ1メートルくらいの大株に育って、まわりの草花をすべて凌駕して咲き誇っており、このころの面影は無くなっています
(..;)
ビオラ これは園芸品種。
昔のビオラが好きだったけど、最近は品種改良がすすんで元々のビオラは園芸店の店頭から姿を消してしまった。

冷蔵庫に昔のビオラの種が眠っている…

花も続けたいけど、パソとの両立は、タダでさえ持てる時間の少ない私にとっては無理。
花に夢中だった頃、夜中の1時にせっせと種をまいていました。
ぺろりの瞬間 エリカ。別名ヒースです。「嵐が丘」に出てくるヒースの事です。様々な種類があるので、小説に出てくる物はきっともっと地味なものなのでしょうね。肥料をやりすぎると枯れます。
他の品種は栽培が難しく、地植にしたこれだけが残りました。
庭 東全景。白い花はアイスバーグ。シュノービッチェンとも言います。赤いバラと、ミニアイリスの青とあいまって、なかなか素敵な景色を作ってくれます。
バラは手入れが大変なのですが、実はなにもしないため、春の長雨で殆どの葉が黒点病で落ちてしまいます。でも、毎年百個ちかい花をつけてくれます。
アイスバーグ。
ちょっと開きすぎ…。

バラは一時32種をそろえていましたが、猫が来て、パソが来て…手が回らなくなり、いつの間にか10種くらいに減ってしまいました。ごめんなさい、バラさん。
もみじ。新緑の美しい春の季節に、真っ赤な緋色の新芽を出す。でも手入れをしないので、毎年キントキの餌食になってしまう。父が小さな盆栽から大きくしたもの。最近枝だ枯れが目立ち、枯れる枝が増えてきた…。手入れせねば…。と思うのだけど…

青く見えているのは、小鳥の巣をかけたもの。でも小鳥さんは入ってくれなかった。(:ヘ;)